いずみ学習会の受験コース

大きな予備校で名物先生による授業(ビデオもあるとか) で、
「わかった」「おもしろい」と感動する、よくあることです。
問題は授業内容をいかに自分のものにし、
自分の力で解き、得点化していくか、ということです。
そのためには、生徒ひとりひとりの性格を知り、適切なアドバイスをし、
授業前後には確認テスト、復習テストをくりかえし、
知識・解法の定着をはかっていかねばなりません。

東大等難関大学受験は、
詰め込みの知識や、応用のきかない思考では対応できません。
いずみ学習会では、生徒がひとりよがりの勉強にならないよう
授業においてはもちろん、自習や自宅学習を効果的に行えるよう、
宿題の内容や勉強方法にも気を配っています。

中学受験コース

中学受験

教科書と塾用教材を使用し「よくわかってもらう授業」が目標です。学校での成績向上は必至です。
私立中学校受験はもちろんのこと国公立中高一貫校の志望校にも対処しています。
ニーズに合わせたカリキュラムを組んだ上で生徒と講師の厳しくも楽しい熱烈真剣授業による学習を進めています。
もちろん、いずみ会独自に開発したlogicで授業を行います。

高校受験

内部受験

付属高校進学のためのコースです。中3で高校分野に入ることが多く、それに対応させたプログラムを組んでいます。「英語プログレス」はいずみ会英語と考え方が共通しており、いずみ会の指導力を発揮する教材です。例えば、「プログレス」は現在いずみ学習会に在籍している光塩、双葉、立教、白百合、聖心などの生徒たちが使用しています。
もちろん「プログレス」以外のテキストについても学力の上がるいずみ学習会methodがあります

高校受験

英語

塾用教材の他、オリジナルプリントで理解を深めます。

数学

定理、公式を理解し覚え、演習問題を何度も繰り返し解いて実践力を養います。

国語

いずみ学習会logicにて、語彙力・表現力・記述力の格段アップはもちろん、
活字と格闘できる力を育てます。


中間・期末対策は塾創立依頼丁寧に行ってきています。


各学期ごとにコンピュータテストを行い自分の学力状況を把握します。

(希望者は毎月受けることができます。)

部活などで時間調整のつかない生徒は個別または2人組で希望時間が設定できます。

主に在籍する区立中学や国立付属の生徒が対象となります。

大学受験

大学受験

英語

徹底した英文法を基本に、単語、熟語の語彙力をつけ、長文読解力を身に付けます。

数学

各考え方を重視し、自ら種々の解法を見つけ出せる力を身に付けます。

国語

現代を見すえた上で、古典の世界へ誘う斬新な授業が受験を楽しくさせます。

内部受験

合学校の進度を考え、内申アップにより推薦を狙う場合にも、一般受験を勝ち取る場合にも対応させています。

付属大学進学実績

慶応義塾大学、明治大学、青山学院大学、早稲田大学、日本大学、成蹊大学、日本女子大学、成城大学、学習院大学、東海大学、川村女子大学、立教大学、大妻女子大学、文化女子大学ほか

家庭学習をサポート

通常のクラスとは別にパソコンを用いて生徒の希望する科目・範囲を決めてラーニング・トレーニング・自己採点・データ分析の流れにそって自己学習するコースです。回答を見てもわからない場合は質問も受付けます。格安の受講料でご提供します。

難関国公立大学受験コース

大きな予備校で名物先生による授業(ビデオもあるとか)で、「わかった」「おもしろい」と感動する、よくあることです。
問題は授業内容をいかに自分のものにし、自分の力で解き、得点化していくか、ということです。そのためには、生徒ひとりひとりの性格を知り、適切なアドバイスをし、授業前後には確認テスト、定着をはかるための確認復習テストをくりかえし、知識・解法の定着をはかっていかねばなりません。
東大等難関大学受験は、詰め込みの知識や、応用のきかない思考では対応できません。いずみ学習会では、生徒がひとりよがりの勉強にならないよう授業においてはもちろん、自習や自宅学習を効果的に行えるよう、宿題の内容や勉強方法にも気を配っています

英語

論理的な英語力をつけるために文法および文章構造を中心に指導します。東大では97年以降、話すこと以外すべて試される出題が続いています。しかし、読解問題はもちろん作文、オーラルでも(オーラルは耳の訓練が必要ですが)文法力、文章構造把握力が欠かせません。いずみ学習会の特徴は文法が文法だけで終わらず長文読解に生かされる文法力すなわち英語力を養成することです。
やみくもに難問を解くのではなく良問に数多く触れていきます。東大英語は比較的標準的なものが多いのです。

数学

正解を出すことはもちろん大切ですが、解法途中の思考プロセスを重視します。解法は一つとは限らないことも多く、二次関数、相加・相乗平均、微分、ベクトル、三角関数などどんな考え方を用いるかを指導していきます。
また、解答は多くの基礎事項で組み立てられており、定理公式は折にふれチェックしていきます。
東大数学は発想力、論証力の他に、意外と計算力も必要です。ふだんから粘り強い計算力、分析力そして集中力を養って行きます。

現代文

正確な読解力および伝わりやすい表現力を指導します。東大では例年抽象度の高い論理的文章が出題されていますが、解釈の違いで解答が異なるということはまずありません。その意味では数学と構図は同じです。
問題文の構図を見抜き得点力へと繋げられる読解力養成を行います。そのためにもレトリックを読み解ける知識技法(語彙、比喩、倒置表現など)を習得してもらうことはもちろん、「国語は数学なのだ」を伝授して行きます。

古文・漢文

自分が読み手となっても理解できる訳文を作ることを目標とした指導をしていきます。
そのためには古典は
① 文法、②古文知識(常識)、③語彙(古典単語熟語など)、漢文は①文法(句形)、②語彙(単語・熟語など)
について、合理的に効率よく習得してもらいます。